塚本 歩

STORY 05 TSUKAMOTO AYUMI

塚本 歩

インフラエンジニア
名古屋 2018年入社

できることの難易度を上げながら、
常に一歩上の自分を目指す。

すぐに仲間として、戦力として受け入れてもらえました。

成長環境についてすぐに仲間として、戦力として
受け入れてもらえました。

もともと大学でネットワークについて学んでいたので、それを活かして働きたいと思いCSEに入社しました。正直、配属してもすぐには案件に入れてもらえないだろうなと思っていたんです。だけど、すぐに仲間として、戦力として受け入れて案件を任せてもらえたことはとても嬉しかったし、責任感も生まれました。とはいえ初めての案件なので、じっくり考える期間をあててもらって、分からないところは上司が手厚くサポートしてくださったので本当にありがたかったです。

担当したのは大きい工場のネットワーク機器設定で、そんなに深い技術ではなかったのですが、実際の設置が障害なしで一発でうまくいったことはとても自信になりました。今では、一ヶ月かかっていた作業も数日でできるようになって、成長している実感を強く持てています。

上司は自分から現場に出て、背中を見せてくれます。

コミュニケーションについて上司は自分から現場に出て、
背中を見せてくれます。

今配属されている課は明るい人が多くて、和気あいあいとしています。上司の皆さんは全く年の差を感じなくて、若々しいんですよ。自分から現場に出て、その背中を見せてくれます。一人ずつ異なる個性を持っていて、こんな上司がいたらいいな、と思うような方たちです。

一度、自分がミスをしてしまった時に、上司は私に知らせる前にまずお客さんへのフォローをして、問題を解決をしてから私に教えてくれて。その時も感情的に怒ったりせず、必要なことだけしっかり伝えてくれました。お客様ファーストの動き方だけでなく、上司としての姿勢もいつも学びになっています。

もっと前に出て、お客様に信頼される自分になりたい。

夢や目標もっと前に出て、
お客様に信頼される自分になりたい。

自分がやれることの難易度を上げながら、常に一歩上の自分になっていきたいです。技術面はもちろん、お客様とのコミュニケーションももっと取っていきたいと思っています。一人でお客様先に行かせてもらうこともたまにあるのですが、今はまだ上司の下についていくことが多くて。色んなお客様に紹介してもらっているし、もっと自分も前に出て、お客様に信頼されるようになりたいです。

あと、私は自分ができなかったことを上司の皆さんに教えてもらって少しずつできるようになってきたので、もし新入社員の方が入ってきたら、次は自分が色んなことを教えて成長をサポートしてあげたいと思っています。

ひとことプロフィール

仕事で大切にしていることは?

真面目にやることです。今の世の中、真面目な人は損をするってよく言われますが、私の性格上真面目にやっちゃうんです(笑)自分を偽らず、仕事にも自分にも真面目に向き合って、どちらも大事にすることを意識しています。

思い入れのある案件は?

とある機械のバッテリー入れ替えの際に少しトラブルがあって、自分でお客様やエンドユーザーさんに電話をかけてどうにか解決できたことですね。スムーズにはいかなかったけど、新しい経験になりました。

プライベートで好きなことは?

最近は行けてないのですが、写真を撮るのは好きですね!風景写真が好きで、一眼レフで山・川・海を撮りに行ったりします。あと、元卓球部なので、テレビで何かしらスポーツをやっていると思わず見ちゃいますね。

学生時代に取り組んでいたこと・思い出は?

小学校から大学までずっと卓球をやっていました!社会人になってからは、取引先の卓球をやっている方と一緒に「卓球飲み屋」に行ったこともあります。お付き合いに活かされました(笑)

OTHER INTERVIEW

01

一覧に戻る